ネットで診察予約する

06-6327-0550

糖尿病について(数値なども含めて)

糖尿病について

糖尿病とは、血液中の血糖値が高い状態をさす病名です。糖尿病有病者数は1000万人を超えて、誰でもなりうる身近な病気ですが、放って置くと非常に恐ろしい病気です。糖尿病が怖い病気である理由は、合併症にあります。血液中の血糖値が高い状態が続くことによって、血管や臓器にダメージを与え、体のさまざまなところに障害をきたします。合併症にならないためにも、早期発見・早期治療が大切です。

糖尿病 早期発見・早期治療の重要性

糖尿病は早く見つけて早めに治療することが非常に大切です。しかし、血糖が高いだけでは自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに恐ろしい合併症などを引き起こしてしまう可能性があります。早期発・早期治療によって合併症を予防するだけでなく、糖尿病の進行を抑えることができます。年に一度の企業検診がある方はその際に高血糖になっていないか確認し、主婦の方などの定期的に検診する機会がない方も1年に一回くらいは検査を受けることをおすすめします。

糖尿病 合併症

糖尿病が怖いのは、合併症です。3大合併症と呼ばれる「糖尿病性神経障害」「糖尿病性網膜症」「糖尿病腎症」が悪化すると、日常生活ができなくなることもあります。また、糖尿病になると、心筋梗塞や脳梗塞など血管が関係する病気の悪化を加速させることになります。では、糖尿病の3大合併症についてご説明します。

糖尿病 合併症

糖尿病性神経障害

糖尿病の合併症の中でもっとも早く症状が現れるのがこの神経障害です。手足の痺れや、けがややけどの痛みに気付かないなどの神経に関わる症状です。足のけがに気付かず、細菌感染などを起こして壊疽(えそ)となり、足の切断を余儀なくされるケースもあります。
神経に関わる病気なので、他にも筋肉の萎縮、胃腸の不調、立ちくらみ、発汗以上、インポテンツなどさまざまな症状が現れる合併症です。

糖尿病性網膜症

目の底に網膜があります。その網膜が障害を受けて視力が低下する病気です。定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、日本の中途失明原因の代表的な病気となっています。初期の段階では、自覚症状がなく、中期になると視界がかすむなどの症状が感じられます。末期になると、視力低下や飛蚊症が起こり、さらには失明に至ることもあります。

糖尿病性腎症

腎臓は血液をろ過して、不要な成分を尿として排出する働きがあります。1日にろ過する血液量は150リットルと言われており、高血糖により大きな負担をかけてしまいます。尿が上手く作れなくなると、人工透析と言って、機械で尿を作る必要があり、病院へ火曜必要があり、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因お1位が糖尿病性腎症です。

糖尿病の分類

糖尿病は大きく分けてⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病に分類されます。Ⅰ型糖尿病は、幼少期から10代までの小児期に発症することが多く、自己免疫疾患や原因不明によります。
Ⅱ型糖尿病がいわゆる生活習慣によって引き起こされる糖尿病で、日本人の糖尿病患者のうち95%がこちらのタイプです。 妊娠によってホルモンバランスに変化があり、妊娠糖尿病を発症することや、遺伝子異常や代謝性疾患、感染症などが原因で発症することもあります。

糖尿病の診断

実際の糖尿病の診断は下記フローチャートに剃って診断が行われます。

血糖値とHbA1c(ヘモグロビンA1c)が、糖尿病の診断の指標になり、糖尿病の患者さんの状態を調べる際にはHbA1cが重要な指標になります。

糖尿病の治療について

糖尿病の治療は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」の3つで進めていきます。血糖値のコントロールを目標に治療を行います。
基本となる治療は食事療法と運動療法で、さらに必要な場合に薬物治療を追加します。糖尿病の程度が低ければ、食事療法と運動療法のみで良い場合もありますが、一方で糖尿病が進行している場合はインスリン注射などを打つ必要があります。
基礎治療である「食事療法」と「運動療法」のご説明をさせていただきますが、人によって治療方法を柔軟に変更する可能性もありますので、医師と相談して決めた治療法を行うようにしてください。

糖尿病の食事療法

糖尿病の食事療法で重要なのは、「食べ方」と「食事の量」です。
まずは食事のリズムから。インスリンの分泌のリズムを崩さないためにも、1日3食きちんと食べることが大切です。朝食を抜いたり、まとめ食いをしたりすると、インスリンを分泌する膵臓に負担がかかってしまいます。膵臓からインスリンが適量分泌されなくなると高血糖の状態が続き、糖尿病の悪化を招きます。
また、食事のエネルギー管理も必要です。まずはあなたに必要なエネルギー摂取量を計算してみましょう。1日に必要なエネルギー摂取量は「身長(m)×身長(m)×22×身体活動量」で計算ができます。

◾︎身体活動量の目安

軽労作(デスクワークが主な人、主婦など) 25〜30kcal/kg標準体重
普通の労作(立ち仕事が多い職業) 30〜35kcal/kg標準体重
重い労作(力仕事が多い職業) 35〜kcal/kg標準体重

例)身長170cmのエンジニア(身体活動量 25)の場合
1.7×1.7×22×25=1590 kcal / 日
かなり少ないと感じられたかもしれませんが、1日に必要なエネルギーが意外と低いのが現実です。なので、普通に食べているつもりでもカロリーオーバーしてしまい、脂肪が蓄積されていってしまいます。
糖尿病では、摂取カロリーを抑えれば良いというものではありませんので、担当の医師や管理栄養士と相談して、食事習慣の改善をする必要があります。

糖尿病の運動療法

運動療法は、食事療法とともに糖尿病治療では欠かせないものの1つです。適切な運動を行うことで、血糖値のコントロールや、インスリンの効き目を高めて糖尿病のさまざまな症状を改善させるだけでなく、動脈硬化の予防などにも効果があります。
糖尿病の治療としてもっとも効果的な運動は有酸素運動です。有酸素運動とは、血糖や脂肪を効率よく燃焼させることができる運動で、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などを持続して行うのが効果的です。運動の強度としては、多少息が切れるけど人と会話しならが続けられるくらいが良いです。
運動の頻度は、先ほどの有酸素運動を1日に30分程度、週に3~5日くらいがベストです。食後1時間経ったくらいから運動を始めるのが、血糖を抑えられるのでおすすめしています。
血糖降下剤やインスリン療法を実施している方は、食前(空腹の状態)で運動をしてしまうと低血糖になる危険があるので、注意が必要です。
運動は毎日する必要はないので、無理して毎日続けるよりも、長期的に続けられることの方がはるかに重要です。

インスリン療法について

糖尿病で適量のインスリンが分泌されない場合、インスリンの自己注射をする必要があります。インスリンの自己注射は、「怖い」「重度の患者だと周りから思われる」と考える方もいらっしゃいますが、適切に行うことで血糖を的確にコントロールすることができます。
また、薬物療法のSU剤と違って膵臓に負担をかけることもなく、糖尿病の進行を遅らせることができます。現在、インスリン製剤は改良されており、簡単かつ安全にご使用いただけ、予後がよくなるケースもあります。

人間ドックはこちら

各種検診はこちら

生活習慣病について