肛門外来

当院の肛門外来

肛門外来では、お尻の痛みや出血、肛門周囲の病気を診断、治療します。
肛門はあまり見られたくないところなので、状態が悪くなるまで放置してしまう方も多いですが、痔の症状だと思っていた出血が、検査の結果「がん」だったということもあります。早期発見のためにも、早めの受診が大切です。
また近頃では若い世代を中心に、梅毒など性感染症が増えています。お尻の病気だと思っていたら、性感染症だったということもありますので注意が必要です。
お尻にお悩みをお持ちの方はお気軽に当科へご相談ください。

対応する疾患

痔核(いぼ痔)の治療

いぼ痔の断面図

痔核(いぼ痔)は、肛門内の静脈の血流が悪く、うっ血した状態のことです。痔核(いぼ痔)は、発生する場所によって内痔核と外痔核に分けられます。
初期の痔核は、座薬や軟膏の使用によって治療できます。
痛みが激しい、出血がひどいなど日常生活に支障をきたす状態の場合には、手術を行うことがあります。

裂肛(切れ痔)の治療

切れ痔の断面図

裂肛(切れ痔)は、硬い便の排泄などが原因で肛門に切り傷ができた状態のことです。
症状が軽ければ、便通の改善と、軟膏の塗布で治すことができます。軟膏を長期間使用しても治らなかったり、慢性化して突起が出来たり、肛門が狭くなってしまうと、薬だけでの治療では困難です。早めにご相談ください。

痔瘻(痔ろう)の治療

痔ろうの断面図

痔ろう(あな痔)の初期段階ともいえる肛門周囲膿瘍は、お尻におできのような腫れ物ができ、痛みや発熱を伴います。切開して膿を出せば治まります。
しかし、肛門周囲膿瘍は、痔ろう(あな痔)になる可能性が高いので注意が必要です。痔ろう(あな痔)と診断された場合は手術が必要になります。早めに診察を受けることが大切です。

直腸脱の治療

直腸脱は、直腸が肛門から脱出してくる病気です。加齢や妊娠、出産などで肛門括約筋(肛門をしめる筋肉)が弱くなることから、高齢の女性に多い病気です。
初期段階では排便時に直腸が脱出し、その後肛門内に戻ります。次第に排便後に自力で戻らなくなり、排便時以外にも脱出したままの状態になります。
直腸を固定して、脱出しないようにする手術を行います。

住所
〒533-0014 大阪府大阪市東淀川区豊新1-21-29
電話
06-6327-0550
電車でのアクセス
阪急電鉄 上新庄駅より徒歩13分
車でのアクセス
東淀川警察署交差点から北西へ20m
(1階は全て駐車場です)
診療受付 日・祝
9:00~12:00 ×
16:00~19:00 × × ×

※木曜土曜午後・日曜・祝日 休診