ネットで診察予約する

アクセス

06-6327-0550

アクセス
東淀川の内科・整形外科ならゆうメディカルクリニックTOP > コラム > 皮膚科 > 気管支喘息に適応拡大『デュピクセント』について

気管支喘息に適応拡大『デュピクセント』について

気管支喘息に悩まされている方にとって、今後大きな味方となることが考えられる「デュピクセント」をご存じですか?
デュピクセントは、もともと別の疾患などに使われていた薬ですが、現在は気管支喘息の症状を治療できる薬として使用が認められています。
しかし、まだまだデュピクセントの概要や特性などについてはあまり認知されていません。
このページでは、気管支喘息に効果的とされる「デュピクセント」についてご紹介します。

デュピクセントとは

デュピクセントとは、もともとアトピー性皮膚炎の患者に投与されていた薬の一つです。デュピクセントで「IL-4」「IL-13」と呼ばれる物質の働きを抑えることで、皮膚の炎症などの症状を抑えることができます。
しかし、デュピクセントは、皮膚疾患だけではなく「気管支喘息」の改善にも効果が見られるとされているのです。
デュピクセントを投与することによって、気道の炎症を抑えることができます。これにより、空気の通りが良くなり、気管支喘息特有の症状を和らげるのです。
また、デュピクセントは、外部からなどの刺激にも過剰反応しにくくなる効果がありますので、運動やアレルギー物質など、気管支喘息の症状が強く現れやすい状況にあっても、症状に悩まされにくくなります。
医療業界の中でも、比較的新しい薬であり、気管支喘息に悩む方々の救世主となる存在といえるでしょう。
なお、気管支喘息の症状を和らげる薬には、デュピクセントの他「ゾレア(抗IgE抗体)」「ヌーカラ(抗IL -5抗体)」「ファセンラ(抗IL -5受容体抗体)」なども挙げられます。
一口に「気管支喘息」といっても、適用する薬は人によって異なる場合がありますので、専門医と相談の上、最適な薬を選ぶことが大切です。

デュピクセントの特性

デュピクセントは、どのようにして気管支喘息の症状を和らげるのでしょうか。
ここからは、デュピクセントの特性について解説します。

症状の原因物質の働きを抑える

デュピクセントの特性としてまず挙げられるのが「症状の原因物質の働きを抑えること」です。
前項でも触れたとおり、デュピクセントは「IL-4」「IL-13」と呼ばれる物質の働きを抑える効果があります。「IL-4」「IL-13」は体内に存在する物質で、何らかの刺激によって気管支喘息特有の症状を誘発します。
デュピクセントを投与することにより、「IL-4」「IL-13」の物質の働きを抑え、結果的に気管支喘息の症状を和らげることができるのです。

気道壁が厚くなるのを抑える

デュピクセントには、気道壁が厚くなってしまうのを抑える効果が期待できます。
気道が厚くなってしまうと、呼吸をしにくくなり「息苦しさ」を感じやすくなってしまうのです。気道が厚くなる原因は「IL-4」「IL-13」の働きによるものですが、デュピクセントの効果によって、それぞれの物質の働きが抑えられます。これにより、気道壁が厚くなってしまうのを防ぎ、スムーズな呼吸を促します。

外部からの刺激に反応しにくくする

デュピクセントの特性の一つが「外部からの刺激に反応しにくくすること」です。
運動やアレルギーなどの影響によって、体が刺激を受け気管支喘息の症状を発症することがあります。
しかし、デュピクセントを投与することで、体が過敏になってしまうことを防ぎます。体が過敏になるのを防ぐことで、外部からの刺激に反応しにくくなり、気管支喘息の症状の発生を抑えやすくなるのです。

たんの過剰分泌を抑える

デュピクセントには、たんの過剰分泌を抑えるといった働きが期待できます。
気管支喘息の症状の一つが「たんの分泌」ですが、この症状は気道を狭めてしまうことがあり、息苦しさの原因につながるものです。
デュピクセントの投与で原因物質の働きを抑えることにより、たんの過剰分泌が抑えられ、正常な気道を確保しやすくなります

治療が受けられる条件と注意点

気管支喘息の方にとって、魅力的なデュピクセントですが、必ずしも希望者の全員が受けられる治療ではありません。
ここからは、デュピクセントの治療が受けられる条件と、注意点についてご紹介します。

条件

デュピクセントの治療を受けられる条件は以下の通りです。

・毎日吸入ステロイド薬を使用できる
・指定の薬を長期間服用できる

吸入ステロイド薬は、毎日中用量から高用量服用することが条件です。また、ロイコトリエン受容体拮抗薬などの、長期管理薬の服用が必須です。

注意点

デュピクセントの治療を受けるにあたり、仮に前項の「条件」を全て満たしていても、治療が受けられない場合がありますので注意してください。
例えば、喘息をコントロールできていない場合や、経口ステロイド薬の服用頻度が高く、服用を中止できない場合などは、デュピクセントの治療を受けられません。

おわりに

気管支喘息に悩まされている方にとって、デュピクセントは魅力的な治療法の一つです。安全に気管支喘息の症状を和らげたり、症状を抑えたりできますので、気管支喘息の症状の深刻さに関わらず、多くの方の関心を集めています。
しかし、一方で治療を受けるための条件や注意点もありますので、あらかじめ把握しておきましょう。また、他にもファセンラやゾレアなど、気管支喘息の症状を緩和する効果が期待できる薬がありますので、医師と相談の上使用する薬を決めることが大切です。
現在、気管支喘息にお悩みの方は、本ページを参考にしながら今後の治療のヒントにしてみてください。

2020年9月4日

24時間受付
ネットで診療予約
お電話
06-6327-0550