ネットで診察予約する

アクセス

06-6327-0550

アクセス
東淀川の内科・整形外科ならゆうメディカルクリニックTOP > コラム > 一般内科 > 胃カメラについて知ろう

胃カメラについて知ろう

胃カメラとは?

胃カメラとは検査の対象となる内臓が食道・胃・十二指腸であることから正式名称を上部消化管内視鏡検査と言い、ファイバースコープの先端についたCCDカメラで内臓の様子をリアルタイムで見ることのできる医療機器です。

胃カメラを怖いと感じている人は、過去によく使用されていた管の先端にフィルムカメラを搭載した医療機器をイメージしているかもしれませんが、CCDカメラへの改良にともない、苦痛が軽減されるようになりました。

胃カメラで発見できる病気の種類

胃カメラで発見できる主な病気は次の通りです。

  • ●逆流性食道炎
  • ●食道がん
  • ●食道裂肛ヘルニア
  • ●急性胃炎
  • ●慢性胃炎(表層性胃炎、萎縮性胃炎)
  • ●胃潰瘍
  • ●十二指腸潰瘍
  • ●胃がん
  • ●胃静脈瘤
  • ●胃アニサキス症
  • ●十二指腸がん
  • ●粘膜下腫瘍(食道、胃、十二指腸)
  • ●ポリープ(食道、胃、十二指腸)
  • ●憩室症(食道、胃、十二指腸)

また2020年に厚生労働省が発表した「令和2年(2020)人口動態統計」によると、日本人の死因の1位は悪性新生物で、死亡総数に占める割合は27.6%でした。 このことから食道がん、胃がん、十二指腸がんなどの悪性新生物を早期に発見するためにも、胃カメラを受けるべきかどうか悩んでいる人は受けた方がよいと言えるでしょう。

こんな症状があったら胃カメラをご検討してください

日常生活において次のような症状があった場合、胃カメラでの検査を検討してみてください。

●みぞおちの痛み
●食欲不振
●胃もたれ
●胸やけ
●のどのつかえ
●のどの違和感
●貧血
●便の色が黒い
●急激な体重減少
●少量の飲酒ですぐに顔が赤くなる
●過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍と診断を受けたことがある
●40才以上で胃カメラを受けたことがない
●血縁者に胃がんになった人がいる

もちろん健康診断で「異常」「要再検査」と診断された人、ピロリ菌を指摘された人、バリウム検査で異常を指摘された人も診察を受けた上で胃カメラでの検査を受けることができます。 気になることがある場合は、一度、東淀川区のゆうメディカルクリニックにて、消化器内科を受診していただければと思います。

アクセスについて

電車でお越しの方は…
阪急電鉄「上新庄」駅より徒歩13分
今里筋線 「だいどう豊里」駅より 徒歩13分

お車でお越しの方は…
東淀川警察署交差点から北西へ20m1階は全て駐車場

2022年11月9日

24時間受付
ネットで診療予約
お電話
06-6327-0550